Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

福島原発は広島原爆168個分

保安院の試算が発表され、福島原発事故によるセシウム137の放出量は広島原爆168個分になるそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000116-mai-soci


------正直驚きました。昨夜このニュースを見た時には心がズッシっと重くなりイヤな気持ちになりました。

原爆と原発事故は性質が違うので単純に比較ができないとらしいですが・・・そんなに?というのが率直な感想です。

児玉先生の話では30個分くらい・・と言っていたような気がします。30個でも驚きますが、さらに増えてしまいました。

どちらにしてもそれだけ汚染されたということ。

それだけの放射能を人々が引き受けなければならないという現実がノシッと横たわっているのです。


このところ除染の限界や放射能の廃棄物のことについて、山積みの問題が深刻化している感じがします。

これからどうしたらいいのかといえば
-----この状況で「何とか」生きるしかない
-----たぶん納得なんて死ぬまでできないけど・・・・

気持ちが暗くなると、テキの思うつぼで免疫が下がってしまうからなるべく明るく過ごしたいけど・・・・

広島原爆に原爆が投下された日を記念して放送されていたドキュメントなどをこの夏はよく見ました。原爆の被害はすさまじく非常に悲惨なものがありました。それでもたくましく生き残った人々が今も存在しています。

核戦争時代に育った私にも特にひどい健康障害は無いように思います。そんな風に楽観視すればいいのかな・・。原発の放射能の放出量は桁違いに大きいため、実際にそんなレベルなのかどうかもわかりません。

国は安全ですといいますが、広島の時も内部被ばくはなかったことにしたそうです。(当時のアメリカに核爆弾投下を正当化する意図があったらしいためとNHKで。)

一方で肥田先生によると、内部被ばくは少量でも危険とのことなのに、今は多少の内部被ばくを避けられない現実に胸が痛みます。


それでも生きるのだから、いちばん最後の日まで、ちいさなしあわせをかみしめられるように生きる!
時々とてつもない悲しみに襲われますが、負けないようにしなくちゃ。





関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。