Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ゆとり世代の自己責任?水害も放射能も。

台風12号によって大きな被害が出ています。ニュースを見て心が痛みます。

犠牲になった方々も多く、安否不明の方もいらっしゃいます。

避難勧告が出ていなかった地域もあったそうです。

私も40代になりましたが、この国で過ごしてきて、いつの間にか「オカミはなんでも教えてくれる」という体質になっていたように思います。

ですが、今は確実に時代が変わったのだと認識を新たにする必要があるのだと思いました。

おそらく同じ時代に育ってきた人たちが「働き盛り」だとしたら、支配側にも「なんとかしてくれる体質」が染みついていても不思議ありません。※第一おゆとり様世代かもしれません。

原発事故の後、周知の事実が「不明」とされ、危険が「安全」とされる一律報道。
(事態がやや安全側に推移すると過去の事実が発表される後出しも)

対策本部を作っていなかったから台風の避難勧告を出さない自治体。


-------指示に責任が生じるから「避難しなさい」と言えないのでしょうか?
-------国が「安全」といったからと本気で信じて報道したのでしょうか。
(春に「年間100ミリシーベルトまでは安全です」と解説していた女性専門家をテレビで見ました!)


万一水害や土砂災害で家を失っても(←当然望みませんが)、命が助かる方がいいに決まっています。

もし避難後も何もないなら(結果的に避難しなくても無事だったとしても)、当時は被害の可能性があったのですし、誰も文句を言わないのではないかと思います。

「家が流される危険があります。命が失われる危険があります。健康を害する危険があります。」等リスクを知ったうえで、住民が「家に残ります」といえば、その時その方の自己責任でしょう。
※後で何かあっても捜索などしなくていいかもしれません。(もちろんそうはいかないでしょうが・・・)


現代はオカミに頼れる時代ではなくなったのでしょうか。

草食系男子が増えていると言われる昨今、時代は変わり「責任は俺がとる!」的なかつてのリーダーはもはや過去の遺物と化しているのかもしれません。

いっそうの「自己責任」・「自己決定」の時代になったなら、豊富で正しい情報が必要ですが、主な情報源で一律の報道(後出し真実報道)をし、台風が大きな被害をもたらしていてもニュース番組をあまりやらない週末。


~自己決定を迫られる多くの世代が「ゆとり世代」かもっ?
------情報収集から自己責任が求められているようですができるでしょうか?
難しい時代に入ったように思います。



話は変わりますが、台風の後、増水した激しい流れの川に入りながらのテレビ中継を見かけました。
危ないのでやめてもらいたいものです。子供たちが激流も安全だなどと勘違いしたら困りますよね。

どうしてこういう画像が必要だとテレビの方は思うのでしょうか。
視聴者も無知ではありませんから、川の濁りや流れを見れば危険は十分にわかりますから・・・






関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。