Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

放射能はもうイヤなの(ぐちります)

今日はほとほと放射能が嫌になりました。長い愚痴を書きます。


土曜日の朝のテレビ番組で、「日本の農業が311以来国際競争力が落ちている」「国内でも、海外産の牛肉が国産牛よりも人気がでている。風評被害」といったことについて討論されていました。

政治の世界にもいろいろな策があるのかもしれませんが、どうも国民の気持ちとは違ったやり方が好きなように感じます。

そもそも500ベクレル/キロ以内の牛肉は安全だから食べないのは風評被害といった感じです。
食品暫定基準内なら出荷・販売が許可されているのですから当然安全という立場なのはわかります。

しかし 毎日食事を作るお母さんの心にかかっているのは、なるべく子供の内部被ばくを減らすこと

であれば、店頭の目の前の食品に何ベクレル含まれているのか?あるいは含まれていないのか?注目します

何ベクレルのセシウムが入っているかわからない国産牛(最大499?500?)。
確実にセシウムが含まれていないオージービーフやアメリカ・カナダ産の牛肉。

どちらが安全と思えるでしょうか?

たとえば個人的にキロ20ベクレルなら許容できると思えても、499ベクレルは避けたいかもしれません。
(もはや稲わらの汚染から産地で選べないとして)目の前の国産牛は何ベクレルかわからないのです。
※一部安全とわかる高価なブランド牛もありますが、ウチは一度の消費量から値段的に手が出ません。

500以下は安全という立場で、食べない人は風評被害をあおる人という立場から考えた仕組みは、外国牛の人気を上げて、ますます国産牛を遠ざけてしまいました。望まない悲しい現実です。

市民の被ばくと引き換えないと国産を守れない仕組みに、多くのお母さんはノーと言っているのだと思います。

あまりおおっぴらに声を出せなくても、スーパーで若いお母さんが手にする肉は外国産。
昨日行ったスーパーで、外国産の肉が少なくて買えるものがないというお母さんがいました。

「国産」とだけ表示されている肉や魚が売れ残る売り場。
半額の半額になっていても売れ残る悲しい現実・・・。(一部だと思いますが)

もし個別に計測した数値がわかれば・・・
あるいは、暫定基準値がまずは、1/10程度になれば・・・
ことはかなり違ってくるかもしれません。

家族構成によっては、何も気にせず国産肉を手にする人も増えるでしょう!

肉で50ベクレル/キロ・・・・個人的にはまだ高い気がしますが51以上ではないことは保障されるので、500ベクレルとはそもそものスタートから違います!

本当に国産の生産者を守ることは、同情から被ばくして食べることではない気がします。
そもそも増税もされますし、義捐金的な集め方をする「原発事故被害生産者救済のための任意の復興税」みたいなものができたとしても、かなりの金額が集まるかもしれません。

結果的から逆算すると、一番弱い妊婦と子供を守ることで、市民の健康も守られ、将来の医療費の増大リスク(可能性)も避けられる。生産者は安全なものだけを売っても生活が守れる。市民もストレスから解放され、食の安全に関しての国の信頼も国内外にわたって取り戻せる。

そんなに簡単にはいかないかもしれませんね。私の勝手な理想論です。


ところで、以前の厚生労働副大臣が話していた暫定基準を安全側にシフトするという話はどこに行ってしまったのか・・・。

二本松のお米から500ベクレル/キロのセシウムが検出された(今後本検査をして出荷を検討するそうです)ことから、安全側シフトはさらに難しくなるのではないかと危惧しております。

多くの市民も生産者に協力したい・助けになりたいと思う気持ちだと思います。
一方で、私は家族に内部被ばくされている事に罪悪感を持ちます。

原発事故の残酷な結果を受けて、この心の溝を埋めるすべがまだ見つからないのです。

考えられないほどの大きな規模で原発反対のデモ・集会がこの日本で行われましたが、福島の事故の収束がまだなのに、原発再稼働が世界に向けてアピールされました。

原発事故の被害に苦しむたくさんの人の心をどれだけ傷つける宣言なのでしょう。
日本から安全な地、安全な食、安全な人をなくしたいのかと勘ぐってしまいたくなります。

結局力のある人たちの考えは、弱小な子供たちを守るために日々歯を食いしばり生活するお母さんとはかけ離れたものなのかもしれません。

風評被害・・・・・何が本当の被害なのか。

もう、あきらめるしかないのか・・・。
時々面倒になり、あきらめたくなります。
何も気にせず、なんでもおいしく食べていたかったです。

弱いものがあきらめるまで締め付けるのが力あるもののやり方なら、踏ん張り続ける力はどこから来るのかと弱気になります。

母親や妻として、弱いなりに家族を守りたい気持ちでいっぱいですが、一方でお財布は正直
外国産が国産より高い! 値上げオンパレードに辟易しています。

今はひたすら食事は手作り&化粧品や衣類、お菓子をやめて対抗しています。
ちょうど良いダイエットにでもなればうれしいのですが。

アー たくさん愚痴りました。





関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。