Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

放射能は流通している?

暫定基準値はどうなるのかわからない感じですが、私たちの食生活は毎日続いてます。

食べられるものがあることを日々感謝していますが、そこに不安がつくと困ります。

先日、あまり放射能の話題を好まない夫が「放射能なんてたくさん流通していると思うよ。計っていない時に流通させるか、よい結果しか公表しないとか。だからたくさん売ってるに違いない」と言いました。

これは夫の考え、何かを見ていってたわけではないようですが、考えさせられました。
もちろんそんなことはないと信じたいものです。

安全なものを安心しておいしく食べる。
贅沢したいのではなく、普通の日常食でいいのにです。

材料にどれだけのセシウムが入っているかわからない。
私の作る食事で、どれだけ家族を被ばくさせるかわからない。

これ-----なんとも言えない気持ちになります。

今日は子供を守りたいお母さんたちのブログを見てきました。
小さなお子さんがあれば、悩みはさらに深刻なもののようです

神奈川県の田舎っぽいこの近辺では、空間線量や土壌汚染の程度があまりひどくないという雰囲気です。
小さな子供を持つお母さんにとっても、注意は主に食材だそうです。
西のものを買い求めている方が多いそうですが、牛乳や学校給食が問題のようです。

そして望んでいるのがベクレル表示。

多くのお母さん方のご意見が共通しています。
私もまったく同感♪ちょっと安心しました。


私の子供は少し大きくなっているので、半分は本人の責任と思い、やや気が楽です。
私は家で食べるもののセシウム総量を減らしてあげる工夫をするくらいです。

食材の産地によって調理法を考え、元気に過ごせるように栄養豊かでバランスのよい低カロリーな食事を心がけ、フルーツを多く準備しています。

この食生活、お金はかからないのにかなり健康的です♪

息子も久しぶりにお弁当を復活させ作って出かけます。
被ばくの危険も減り、息子の節約にもなります。

夫の言葉の真偽は別として、ある程度はセシウム含有食品が流通しているわけですから、気を付けなければなりません。

赤ちゃんや幼いお子さんにはセシウムゼロを!と願います。大変でも・・・


・・・・私の作る食事で被ばくなどさせたくないけど、たぶんゼロにはなっていないかな。
優先度を考えても、このくらいだと思いますが、やはり少し悲しい現実ですね。




関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。