Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

放射能に気のゆるみは禁物・・・

福島県の子供たちに10人に甲状腺の異常が見られたというニュースですが・・・

診察した先生の話では、まだ病気ではなく、数値的に異常が見られたものの、成長とともに正常値になることもあるそうで、様子を見ながら対処するという方針のようです。

・・・何事もないことを願います。

まだ病気になったわけではないそうなので、このまま何ともないといいと思いますが、こうした悲しいニュースがながれると心が痛く、どう受け止めていいのかわからなくなります。

武田先生によると、「今回の甲状腺異常の10人の子供は被曝が原因では無い可能性もありますが、私たちが被害者どうして非難し合ったり、除染しないで安全な生活を送ろうとしたり、時には挫折したくなる気のゆるみに対する警告と受け取った方が良いと私は思います。」とのことです。

http://takedanet.com/2011/10/post_76b1.html

放射能については、どうにもならない現状が横たわり、だんだんと「しかたがないから」という気持ちになりがちです。もちろん気を付けるのをやめたら思う壺で、いつか後悔することになりかねません。

食品にしても、国は頑として暫定基準値を見直しませんし、そこへ知事さんや生産者さんたちから、厳しすぎる暫定基準値を緩めてほしいという意見まで・・・・。

-------もう言葉もでません。絶望。


日本のマスコミは、現代の異常さを一切報道してくれません。
テレビも新聞も、頑張って放射能が拡散し、みんなで食べて被ばくすることが正しいことのように言います。

そして原発をやりたい!?

海外では全く違った正義があると紹介されて、日本だけがみんなで被ばくをして、特攻隊とか、自爆のような信念で生きているとか・・・・海外の感覚では「気持ち悪い」事だそうです。-------そうなんだぁ。


美しくて好きだったのに・・・・・

ここ数日、放射能まみれになり、自分が死んでいくイメージが消えません。
負けてしまいそうな時に、武田先生の言葉です。

負けないようにしなくちゃ!!





関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。