Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れている感覚

昨日は千葉沖、岩手沖、もう一度岩手沖と、大きな地震が続きました。

心配した夫が電話をかけてくれたのですが「なんだ気づかないのか?」といわれても私は何のことかわからずじまいでした。

ちょうど台所仕事をしていて、すべての地震に気づかず、夫が夜遅く帰ってくるまで地震が起きたことも知りませんでした(+_+)

気づかないという事は、恐い思いをしていなかったという事で昨日は三回分得した感じなのですが、後から地震情報を見て、あまりに大きな地震だったことを知り驚きました。

遅い時間のニュースでは地震の事は何もやらないし、被害はなかったのかなぁ・・・・・。
わからずじまいになってしまいました。
それにしても大きな揺れの地域では子供たちをはじめ皆さん恐い思いをしたことでしょう。
心配です。

地震は起きていて、震度1か2で揺れていたのに、動いているとわからない…。
お風呂でし他を向いたときなどはいまだに地震ではなくても「揺れているかもしれない」と思う事があるほど感覚はウソをつくので、私の鈍さは仕方がありませんが、犬はどうしたのでしょう!!何の反応もなかったようなっ!


----それにしても、日本の建物の強いこと。
震度5くらいだと大丈夫なのですねっ!
コレ すごく心強いです。


私の家は神奈川の県央地区で津波の心配はなさそうな場所です。

危ないのは神奈川県西部地震で、震度6とか7が想定されている場所です・・・(-_-;)
ハザードマップは見られるものの、私の家が6なのか7なのかわからないのですが・・・
どちらにしても大きい揺れ。耐震基準上も倒壊はしなくても壊れちゃうだろうなぁというレベル。

テレビでは、東日本大震災の余震はあと10年は注意が必要だとか・・・・(ヒェ~)
いつ何時地震が来るかわからないので、これからも備えはずっと必要なのですね。
~備えておいて普通に生活を楽しむというスタンスでしょうか

人的・物的被害がないことを願うばかりですっ




地震こわかった・・・・ぁ

夜になり、三陸沖でМ6.8(最大震度4)、その後余震が続きМ5.9→5.3→5.3と続いたと思ったら・・・

今度は千葉東方沖でМ6.1(最大震度5強)、その後余震が続きМ3.1→3.7→3.7→3.6→3.1→3.2→3.7→3.4→4.5・・・※千葉沖の地震は東日本大震災の余震らしいと。年単位でまだ続くそうです(+_+)

大きな被害がないといいなぁと思います。

地震が切迫していると連日テレビで放送していましたし、頻繁に揺れているところに大きい地震が来る確率が高いとも言っていました。

こんなに揺れたのだからもういいだろうと心底思うのに、たぶんまだ気が抜けない状態が続くのですよね。
自然が人の感情を察して気を使ってくれるわけもなく今日もこんなに地面を揺らしてきます。

引き続き注意していくしかありません(T_T)

それにしても、日本の地震・津波への備えはスゴイと感じました。
「緊急地震速報」にしても、「津波をいち早く観測するシステム」にしても、人を守るために研究され、開発された装置があるのだと知りました。

同じように人を守るためにも、次の原発事故は絶対に起きないでほしいものです!
被曝は恐いですし、セシウム含有食品も食べたくありません。
止まっている原発の中にも放射能が有るかもしれないし(使用済み燃料とか、使用途中燃料とか?)
・・・絶対に事故にならないようにしっかり管理してほしいものですっ
※現場の方はみんなプロなので、してくれると信じているのですが・・・
 やっぱり放射能の恐怖は消えないのです。





地震には引き続き注意を!

疲れて眠ったので深夜の震度1の地震は気づきませんてした。(茨城県北部は震度5だったそうです)
朝、ニュースを見て大きな地震が来ていたので驚きました。

昨日は、auくるかもから緊急地震メールが届きましたし、その後海外の地震もあり(去年のニュージーランド~東日本大震災という経緯もあり)、もしかしたら・・・・という声がいろいろなところで聞かれました。

くるかもで知らせてきた地震がコレなのかは今の所私にはわかりませんが、首都圏直下(東京湾北部)の危険もずっと言われていますから、地震には引き続き注意が必要ですね。

茨城県の地震を受けてのニュースでも、引き続きМ7の余震などに注意を!と言っていました。

※まだくるのかなぁ・・・・地震はもうイヤなのですが。---みんなそうですよね

減災のためには、できる事をしておくことしかありません。
(個人対策には限りがあり、ウチの場合は新たな住宅に移ることは難しいです。)

出しやすいところに防災袋を用意するとか、懐中電灯や非常食、水を数日分常備するとか、避難場所や避難経路、連絡方法を家族と決めておくとか・・・そんなことくらいです。

後は、火災の場合は初期消火をして「大火」にしないように!という事なので、マンションや自治会設置の消火器の場所位を確認しておきます。

消火栓も確認しておきましたが、震災時水が出るかどうかは不明です。(阪神大震災の時は出なかったことも・・)

わが家には消火器もあります!使い方は前に倣ったことがありますが、緊急時に出来るかどうかは不安です。実際の消火活動はできなくても、できそうな人に知らせるくらいはしたいかなぁ・・・

「備えあれば憂いなし」・・・現在は(想定される災害の規模が大きすぎ・頻度も多すぎて)意識しないとできないからこそ、備えをして必要以上に心配せず、きちんと生活をすることが大切なのかもしれません。

引き続き地震に注意をしながら、今日もきちんと生活しましょう♪







地震に注意!

ここしばらく注意が喚起されている「首都直下・関東南部地震」。

今の科学では何時来るかはっきり予測することは難しいようですが、あんなにテレビで言っているということは、やはり気を付けた方が良いのでしょう。

今日、南太平洋の島国バヌアツでマグニチュード7.1の地震がありました。(3月9日/日本時間午後4時過ぎ)

パヌアツは、おなじみの世界地図でオーストラリアの右斜め上の辺、ニュージーランドの真上あたりです。

世界のプレート地図を見ると、バヌアツもニュージーランドも同じ太平洋プレートの境に位置しています。
もちろん日本列島もです。

これは単なる素人考えですが、ニュージーランドの大地震の後に東日本大震災が起こったことを考えても、できる注意だけはしておきたいところです。

それにしても、震災直後は津波の映像が目立ち、引き続いておきた原発事故のニュースなどが多く放送されましたが、1年たって3.11の各地の地震中の映像や、地震被害の様子も放送されています。

あらためて、あの地面が揺れる恐怖と破壊力を感じます・・・・

首都圏直下地震・関東南部地震の場合、今度は首都圏が被災地ですから、たくさんの人を立体的に(地下・高層に)抱えたままどうなってしまうのかと心配です。
※首都昨日は、雪や停電でも簡単にマヒしてしまうので・・・。

震度7という恐ろしい予測も出ていますが、震源が浅い場合はその範囲は広くないらしいという事もテレビで言っていました。

それぞれはいろいろな仮定からの推測ですから、自然がその通りの地震になるのかはわかりません・・・・あくまでも目安です。

神奈川の家にいることの多い私ですが、もはや自宅の耐震性能を信じるしかありません。
------考えるとため息しか出ませんが・・・備えて日常生活!と意識しないと生きているのがつらくなりそうです。

都心の震度7想定地に勤務している夫は非情に心配です。
しかも出向く先に震源地付近が含まれている・・・・。
※311も浦安で液状化を経験した夫です。

息子は神奈川の海側に仕事に行っています。
仕事場は新築なので地震被害は大丈夫と思いますが、津波は心配です。


それにしもて大地震が世界的に多い!多すぎる!!
誰もがそう思っていると思いますっっ

昔東北の大地震の後、次々大地震が南下してきた事があるようなので、来るといわれる理由は有るのでしょう。
勘ぐれば(なんにしても政府が恐れる、パニック防止のために)発表できない情報もあるのかもしれないし・・・。

地震研究者さんのなかには、ここ最近の東京湾北部地震は前触れだと考えてる人達もいるようです。

------くれぐれも注意を。

(※気を付けていて、こなければそれでいいから、地震はこないでほしいのが本当の気持ちです)



揺れました・・・・

昨日・今日と地震が多いですネ・・・・・(-_-;)

ココ神奈川の震度は1とか2ですが、茨城県・千葉県では震度4とか5とか・・・かなり大きな揺れだと思います。
大丈夫でしょうか??

地面が揺れるなんて・・・
子供のころから「来ますよ来ますよ」と言われ続けて避難訓練をした東海大地震も、なんか今度こそ本当に来そうな雰囲気・・・・

もう地震は来ないでほしいですよ。
・・・自然の事ですから仕方がないとはいえ、どうしても揺れたいなら誰も被害を被らない場所(海の中とか無人島?)だけにして欲しいものデス。

個人的には以前よりも冷静にできているのではないかと感じていますがどうでしょうか。



そういえば新しい地震対策に・・・・地震の停電に備えて壁にネジでつけるタイプの懐中電灯を2つつけました。
玄関とリビング(寝ていてもすぐ取れる場所)です。

万一大きな地震だと枕元に懐中電灯などを置いても飛んで行ってしまうらしいので、これまでフックで懐中電灯を吊るしていたのですが、台風後の突然の停電の時にすごくとりにくかったのです。
(見えないし、多少慌てたし)

夜間の地震の停電なら、もっと慌ててしまうかもしれないので、まずはすぐに手に取れることが大事かと。
それにネジで固定してあるので揺れても飛びません。つかんで外せば電気がつきます。

台風の停電の時もそうですが、暗いというだけで余計に怖いです・・・・

あとトイレにも懐中電灯を置きました。(これは普通のタイプですが、地震で閉じ込められた時真っ暗で恐くないようにと・・・そもそも怖いですが)

わが家はマンションなので、まずはライフラインが絶たれた状態での自宅避難を想定して準備しました。

水もそこそこ汲んであります。
ポリタンクとお風呂に、飲めるほど衛生的でなくても・・・・
(本当は水を抜いたままカラッとさせたいけど我慢!)。
生活用水はかなり必要なのだそうです。

食料は非常食のほかに普段の食品を大目に買ってあり、自宅避難の場合は2週間位は大丈夫だと思います。
(先日の風邪の時に実証しました)

ただ、外で困っている人がいればきっと「どうぞ」というから、そんなには持たないかもしれません。
非常時はいつもと同じものを食べるわけじゃないから、それでも何とかなるでしょう。


地震でマンションが全壊判定レベル(スグ倒れはしないだろう・・・)になるか、火災が起きて避難する場合の持ち出し袋も1次用(まず必要度の高い物、私が逃げるとき用)と、2次用×2(内容はもう少し充実、重いので男性家族持ち出し用)を準備してあります。


それでもまだ必要と思うものもあり、何でもそろえるのは大変です・・・
(どうせなら発電機が欲しいのですが、ガスポンベや石油を家に置いておくのは恐いからムリ見たいですっ)

※人間は不安があるとアレもコレもと思いがちですが、一番大事なのは命ですからまずは身の安全です。
・・・・後の事は生きていれば何とかなる!!(・・・なると信じましょう)


それにしても、もう地震はイヤというほど経験しました(神奈川レベルでも・・・)

首都圏直下、神奈川県西部、東海・南海・東南海地震など、どれも大きな地震が今後起こると言われています。
備えてあっても、その時どうなるかは誰にもわからないので、恐いですが、納得できる備えをしたら、普通に生きていくしかありません。

いつなにがあってもという生き方をしておかないといけませんね・・・
そっかぁ ちゃんと片づけないといけませんネ(+_+)






地震は恐いよぉ

最近また地震が多いような気がします

先ほども茨城の地震でココ神奈川もクラクラクラと揺れました(T_T)

東京湾の周辺は頻繁に揺れています。千葉のJFEのあたりとか、千葉半島の中とか・・・・
さらには沖縄でも立て続けに揺れました。

外国でも揺れていますっ
とにかく世界的に地震がスゴイことになっているように思います。

「地面は揺れないもの」という長く信じてきた認識は改める必要がありそうです。

現在も警戒されている地震は、首都圏直下地震のほか、東海・南海・東南海地震、北海道、他の内陸地など・・・・広い範囲に及びますし、大きな津波が想定されているものもあります。

もちろん、いつどこに来るかハッキリしたことはわからないわけです・・・
※はっきりわかれば一時的に避難して、みんなの命を守ることができるのですが今の所そのような予報は難しいようです。

日本の場合は、特に簡単に移住などしにくい社会です。
何もかも権利があり、生きていくことそのものにお金がかかる。

( 現在原発からの疎開のように支援・援助があれば多少はしやすいかもしれませんが、いつ来るかわからない地震の危険というだけではチョット・・・
 さらにある程度差し迫っていても経済優先の国では近々の予報を公にすることは考えにくいです。時価が下がるとか・・・?。)


先日「タンザニアの物を持たない豊かな生活」がテレビで紹介されていて、少しうらやましくもありましたが、あちらの国の方々は、日本とは違う社会システムの中で生活しています。
広い土地に住み、豊かな自然のものを自由に取得できる環境など。

-----当然ながら日本で同じコトをしたら犯罪です(-_-;)

貯金を取り崩してやれる間はいいものの(ないならそもそもムリ)、何処かに移住してもそこで地震に会うかもしれない・・・次の原発事故が起きるかもしれない・・・

長年信じてきた「安全」こそが幻想で、そういうものは最初から存在しなかったのかもしれません。

わが家場合、例え活断層の上に家が建っていたところで、すぐに引越しできるかどうかはわかりません。
(この場合はかなり無理をしてでも引越しを検討したい気持ち大ありですが!)

最近地震に強い家、強耐震マンションなどが注目されています。
・・・すごくいいなぁ~と思う反面、新築物件のコンクリートの放射線は大丈夫?なんて心配をしたり
・・・いろんな意味で微妙な世の中になりました。

世の中で優先されているものが何なのか、この一年でずいぶん明らかになり背筋が寒くなる思いを経験してきました。

震度4が何回も来て大きな地震が来なければいいのにと思うのですが、そういう中程度の地震が起きているところに大地震が起こる確率が高くなるという・・・


う~ん やっぱり地震は恐い・・・・

備え・備え。今の所できることはそのくらいという現実です。





首都圏直下地震だと震度7・・・!?

首都直下地震が起きる場合、都心部では震度7になる場所が出てくると・・・

現在までの想定だと震度6強だったそうですが、想定される震源域のプレートの深さが考えられていたよりも10キロメートルほど浅い場所があることが分かったことでの見直しだそうです。

震度7の場合は、これまでの被害想定よりも大きな被害となるらしく、これから新たに想定の見直しがなされるそうです。

えっ!震度7!・・・・・もう聞いただけで恐い!

震度7は、阪神大震災、中越地震、東日本大震災で起きたもので、いずれも大きな被害が起きているものだそうです。
(めざましテレビにて)


東日本大震災の時、私の住んでいる神奈川県央地区の震度は5弱でしたが、横浜では震度5強で(よくテレビでやっているように)壁の一部が落ちたり液状化の被害もおきています。

わが家は震度5弱だしたが、家がミシミシ、ゴドゴドいって、家が倒れてしまうのではないかと本当に恐怖を感じました。

震度7だと どうなってしまうのだろうか???

Wikに気象庁震度階級のこんな記事がありました

↑Wikのページの下の方に震度別の表があります、ほとんどの家具が飛ぶとか、山崩れが起きるとか・・・。
どう備えたらよいかもわかりませんねぇ・・・


地震に備えるために東京消防庁のページは参考になりますっ
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/bou_topic/jisin/life00.html


どうか来ませんように・・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。